ほんとは怖いの

豪徳寺


生きる事はエネルギーがいるってのは、
あったり前田のクラッカーですが
死ぬ時だってエネルギーがいるんだってこと。
それを思うと、


今チロさんは、一生懸命に体力つけてんのかなって。



チロさんがチロさんらしく
死ぬまで生きられますように、と
それをお願いしてきました。



豪徳寺


チロさんが体調崩して以来、
自分で毛繕いできなくなってしまい、
フワフワの艶々だった毛並みはバサバサになってしまったけど。
あたしがブラッシングしたる!
だから美貌は任せろッ!
とか言って、チロさんには笑いかけてます。
家の中を猫が歩き回る、とか
こっそりつまみ食いしている、とか
パソコンちうにキーボードの上ズカズカ歩き回る、とかね
バリバリ爪とぎしている姿、
そんないつもの日常風景が、
かけがえのない大切なモノなのだ、という事を
ぢくぢくと感じています。

あたしはわかっているんだ。
チロさんの身体の中に、
チロさんの命を奪う腫瘍がある事を。
わかっている上で、
もう痛いことや怖いことはしない事にしました。
それはチロさんのココロやカラダにもっともっと負担をかける事。
勝手にそう判断して、
もうどこにも行かないからね、チロさん。
最期までずっと一緒にいるからね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。