お財布忘れてフルマラソン

run

昨年11月にチロさんを失い、
翌12月に父親が倒れ、
バタバタとした年越しをして迎えた新年。
2月の誕生日をぼんやりと、
『今年はどんな年になるのだろう、
どんな年にしたいのだろう』などと薄ら思っていたある日。
隣駅へ買い物をしていた時に、
支払いの段階で、は!
財布を忘れたッ!!!
冷や汗ブッシャああああ〜〜〜で、
財布を取りに自宅に走って帰ったのですよ。
んが?
あたし、走れるじゃん?という事にその時気づき。
あれ、苦しくないじゃん?という発見が面白くて、
何を思ったか走り始めた2月の下旬から、
すっかりランニングにハマってしまいましたのよ。

もともとマラソンという競技は好きで、
特に感動したのはロサンゼルスオリンピックの時の、
スイスのアンデルセン選手の、
脱水症状でほとんど意識のない状態でゴールしたシーンを見て以来、
大きな大会のテレビ放送は見ていたのです。
が、マラソンは見るもので自分がやるものではない。
そう思っていましたよ、もちろん。
42.195Kmを走るなんて、未知だよ未知すぎるよねぇ〜?

大切な存在を失い、
まだまだ喪中最中であります。
そんな時に、ほぼ日の「今日のダーリン」の一説に出会いました。

「できること、と、できないことがある。
それを見分けることは、簡単そうでむつかしい。

できないとあきらめてしまってはいけない。
ということばには、とても強いものがある。
まるで人生の真実であるかのような説得力がある。
逆に これはできない というと、
つい、簡単そうに言うもんじゃないと叱られそうだ。
そいうわけで、経験の少ない人ほど、
なんでもできます、やってみせます、ってなことを、
澄んだ目で宣言したりすることになる。

できることと、できないこと。
ほんとうはまずは、
それは見分けることから始めなくてはならない。
決意を語ることは、その後にやることなのだ。
できるのだろうけれど、きわめて困難だ、という場合、
それを できることの方に分けるのか、
事実上の できないことの方に分けるのか。
そういうことを必死で考えることが、
ほんとうに大事な助走になる。
この助走を間違ってしまうと、スタートで事故る。」
(今日のダーリンより、一部抜粋)


ふと。
今年は、挑む年にしよう。
そう決意して、フルマラソンに挑戦する事にしました。

道具の手入れが必要のないスポーツが好き。
一人で黙々と何かをするのが好き。
ランニングはシューズ一つで、
好きな時に好きな場所へ行けるのが楽しい。
歩ければ走れる。
無理のないペースで、をメインに、
たまに負荷をかけてスピードアップしたり。
今日はあのコース、明日はあそこのコースだなどと、
コースを組み立てて。
先日は初めて皇居なんぞへ。
皇居はロードバイクで走った事はあったのですが、
ランニングでは初めて。
なるほど信号がなくて走りやすい。
そして、通勤の方々は決して好意を持たずすれ違っている印象でした。


今年は7月に10kmレースにチャレンジ。
来年はハーフとフルに挑戦する予定です。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。